オフィスのプロ〜秘書を目指す方のサイト〜

話し方・聞き方   ビジネス文書
接遇のマナー   交際の業務
社会人の常識 慶弔と贈答
ビジネス文書文例集 受付・取次ぎ  文字・漢字・数字じてん

自称他称の使い方について

自称他称の使い方についてご指摘がありました
このページです↓
http://nippon-go.seesaa.net/article/78709310.html

「二重敬語になってませんか」とのご指摘だったのですが、
どの言葉に対してなのか分かりませんので、

勝手ながらこの言葉であろうというものの回答をさせていただきます


「御社の中村部長」だと思われるのですが、
確かに一見二重敬語のように思われます

しかし、これは第三者のことをさして言っている言葉です。
この『様』は省いてもいいとは思いますが、
以下に例文として掲載しますので、どちらが聞き良いか比べてみてください。

設定としては
あなたは中村部長の社内の方で、社外の方から中村部長に渡してくれと言われる設定です

@「これを御社の中村部長にお渡し願えませんでしょうか」

A「これを御社の中村部長様にお渡し願えませんでしょうか」

丁寧さから言うとAにあたりますね
しかし、
渡して下さいとお願いする相手が中村部長よりも上位者であった場合
以下のように言う方がいいかもしれません

「これを御社の中村部長にお渡し願えませんでしょうか」
「これを御社の部長の中村様にお渡し願えませんでしょうか」




当サイト「敬語・丁寧語・尊敬語・謙譲語」は、私が秘書の勉強をしていた当時、複数の本を抜粋しノートに記述したもの
それから、実際に使う際に書き留めておいた方がよさそうなケーススタディーを書いたものです。

他に疑問などございましたら、遠慮なくコメントください

よろしくお願い申し上げます

田中奈津美
この記事へのコメント
この場合、中村部長様というよりも部長の中村様のほうが自然ではないでしょうか?

コメントありがとうございます
確かにそうですね

このサイトに掲載されている表現は
一部辞書も参考にさせていただいています

その中から抜粋したものですが、
基本的には、中村部長様でも、部長の中村様でも
間違いはないかと思います

田中
Posted by グレープ at 2008年07月14日 00:05
部長に様付けはしません。部長の田中様が正解です。役職名には 殿を付けますが 堅苦しい印象を与えてしまいます

Posted by 中村 at 2008年10月29日 19:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。